最高腕時計のショッピングNavigation

IWC メカニカルフリーガークロノグラフという機械式腕時計

Written on 06/02/2016   By   in 時計相場

金属パーツでムーブメントが構成されるメカニカルウォッチというのは総じて「磁気」に弱いです。

身近にあるロレックスデイトジャストやオメガシーマスターなどの通常モデルは磁気だらけの
現代社会で数年も使えばほとんどが帯磁して日差マイナス6秒程度まで正確性を欠くようになってしまいました。

そもそもクオーツ主流となった20世紀後半から21世紀にかけて磁気に弱い機械式腕時計は家電や
携帯電話、パソコンなどの影響を受けて時刻が遅れたり早くなったりと時計としての役割を果たせなく
なる恐れもあります。

via ord.yahoo.co.jp
そんな機械式腕時計の中にあってIWCのパイロットウォッチはやたらと耐磁性能が高められているため
パソコンや携帯電話の磁気であれば密着させていても磁気帯びすることはありません。

IWCにはインヂュニアという耐磁性能のかなり強いモデルもありますが、メカニカルフリーガークロノ
グラフでも十分ではないかと思います。
時計としての正確性を長期にわたり保つ能力は他のメーカーと比べてかなり高められた時計だと思います。