最高腕時計のショッピングNavigation

日: 2016年6月24日

「コンキスタドール」が語るフランク・ミュラーの歩み

今年2008年は、フランク・ミュラーの「Conquistador(コンキスタドール)」が10周年を迎える記念すべき年である。
コンキスタドールは立体感あふれるダイナミックなスタイルが印象的な時計だが、この計算されたフォルムとデザインには、フランク・ミュラーが捜し求めてきた本質への道程を見て取ることができる。

フランク・ミュラーといえば、やはりアール・デコスタイルに3次元曲線のケースが美しい「トノウ・カーベックス」を思い浮かべる人も多いことだろう。

とくに彼のケースデザインに対するこだわりは並々ならぬもので、ケースひとつをとっても彼の時計づくりの思いが深く伝わってくる。
このトノウ・カーベックスもやはり初期のころから愛されてきたデザインで、このケースに入れることでどんな機械式の時計もフランクの「顔」となってしまう、いわばブランドのアイコンともいえる意匠だ。
彼にとってはラウンドケース同様に、自身のアイデンティティを培ってきた大切なデザインでもある。

06/24/2016     0 Comments

アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ

IWCが初めてダイバーズウオッチ「アクアタイマー」を手掛けたのは1967年。そのスペックは、200m防水と回転式インナーベゼルを備えた初代から本格的な仕様だった。その後、82年には2000m防水という高深度対応のチタン製ダイバーズ「オーシャン 2000」を、99年には初の機械式潜水計を搭載した「GST ディープワン」を発表。

圧倒的な技術力で、一気にダイバーズウォッチの分野のリーディングブランドとなった。そして、2004年に満を持して発表したのが、初代モデルと同じネーミングを持つ「アクアタイマー」である。

現行「アクアタイマー」のモデル名は、アクア(=水)とタイミング(=時間調節)の合成語であるだけでなく、回転式のインナーベゼルをはじめとした初代機から培ってきた技術開発を結集し、さらに発展させたことも表している。その中でも特に時計界を驚かせたのが、12気圧防水仕様の「アクアタイマー・スプリット・ミニッツ・クロノグラフ」だ。

    0 Comments

オメガ|コンステレーション ダブル イーグル「ミッションヒルズ・ワールドカップ」

ゴルフの世界において、ロングホールを2打で決めるという、ホールインワンよりも難しいと言われているプレイを“ダブルイーグル”という。

コーアクシャル・エスケープメントを搭載した高精度仕様という機能性の高さ、そしてコンステレーションならではのベゼルに配置されたツメやピラミッド型のインデックスを備えた美麗なデザインワーク。“機能”と“デザイン”、この2種の突出した才を備えるがために、同モデルには「ダブルイーグル」という名称が与えられているのだ。

一方、「ミッションヒルズ・ワールドカップ」とは、これもまた1953年から開催されてきた歴史あるゴルフの大会。参加各国から選抜された2名のゴルファーが、国の名誉をかけて競い合い、各年の世界一を決めるというもの。

2007年からオメガがこの大会の冠スポンサーになることを記念して製造された、コンステレーション ダブル イーグル「ミッションヒルズ・ワールドカップ」は、同年にオメガが発表したカーボンダイヤル仕様のモデルがベース。ミッションヒルズ・ワールドカップのロゴとカップ、オメガのロゴが刻印されたねじ込み式のケースバックを見れば、まるで大会参加者のような気分を味わうことができる。実にオメガの懐の深さが感じられる一本だ。

    0 Comments