最高腕時計のショッピングNavigation

日: 2016年6月12日

オシャレで丈夫でリーズナブルな【NATOベルト】!

革ベルトもいいですが、
僕はより爽やかさと味が出やすい「ナイロン」ベルトをオススメします!

そしてこの【NATOベルト】の「ナイロン」は本来「防弾チョッキ」等でも使われる程とても丈夫なものが使われており、長く使えることは間違いありません!

そんな素敵な【NATOベルト】は価格でいえば2000円前後で購入できると思います。(お店によってバラバラです。)

そんなリーズナブルに価格で様々な色合いがあるので、
自分の好みで買うことができるでしょう!
(もちろん上の画像以外の色合いもたくさんありますよ!)

その日の気分や服装によって変えたい人は複数買っておいても大きな出費にはならないです!

06/12/2016     0 Comments

【ROLEX】自分のROLEXをアレンジしてより愛を深めよう!

そう思って1本自分好みのモデルを買ったはいいが、
さすがに長い間ずっと毎日のように見ていると見飽きてしまう人も多いはず!

もう1本買うといっても安い買い物ではないので、
そう簡単には追加でポンポン買うのは難しいでしょう。

そして自分好みのモデルを買っているので、
売って買うという気持ちにならない場合もあるでしょうね!

そこで僕が提案したいのが「ブレスからベルトへ変える」という改造企画でございます!

まぁ、改造といっても簡単に言えばブレス外して別のベルトをつけるだけなんですけどね!(笑)

純正のベルトと純正の尾錠などを買ってしまうとそこでまた何万円もかかってしまいます。

なので費用をできるだけ抑えて、
且つ今までの印象とは全く違う自分だけのROLEXを作り上げる為に

僕が今回オススメしたい「替えベルト」はこちらでございます!

    0 Comments

破壊的イノヴェーション オーデマピゲ ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST

破壊的技術
破壊的技術(はかいてきぎじゅつ、英: disruptive technology)とは、従来の価値基準のもとではむしろ性能を低下させるが、新しい価値基準の下では従来製品よりも優れた特長を持つ新技術のことである。また、破壊的技術がもたらす変化を破壊的イノベーションという。1995年に、クレイトン・クリステンセンがJoseph Bowerとの共著論文にて考案した[1]。
— via 破壊的技術 – Wikipedia
昨今、よくIT業界などで耳にする
Disruptive Innovation = 破壊的イノヴェーション

実は、オーデマピゲがその先駆者だったのかもしれない

    0 Comments