最高腕時計のショッピングNavigation

「スピードマスター マーク II リオ 2016 リミテッドエディション」発表

Written on 05/26/2016   By   in ショッピング情報

2016 年オリンピック リオデジャネイロ大会、開会式へのカウントダウンは、ちょうど2年後という重要な節目を刻んだ。この世界で一番のスポーツイベントに世界中の注目があつまる。中南米の都市が開催地となるのはオリンピック初のことである。

 

「スピードマスター マーク II リオ 2016 リミテッドエディション」は、2016 年オリンピック リオデジャネイロ大会を記念するモデルだ。200 以上の国を結びつける、オリンピックの興奮と、人々を魅了する競技精神を祝福するためにつくられた。その独特なクロノグラフのダイアルは、アスリートたちが表彰台に上がる時に感じるのとまったく同じ勝利の喜びを喚起させてくれるだろう。

 

1969 年に発売されたオリジナルの「スピードマスター マーク II 」と同様に、ポリッシュ仕上げおよびサテン仕上げを施したステンレススティール製のオーバル型のケースに、ポリッシュ仕上げのリュウズとプッシャーを備えている。マットブラックカラーのダイアルには、傷のつきにくいフラットなサファイアクリスタルガラスの下に、 3 時位置に30 分積算計、6 時位置に12 時間積算計、9 時位置にスモールセコンド サブダイアルを配している。各サブダイアルは、メダリストに贈られるメダルをイメージした 18K イエローゴールド、925 シルバー、 ブロンズのリングで装飾されている。このデザインは、オリンピックの勝者へのメダルを彷彿させる。

 

サファイアクリスタルガラスの内側にある透かしのタキメータースケールは、下のアルミニウム製リングに施されたスーパールミノバによって暗闇でも発光し、視認性に優れている。ホワイトとブラックの時針と分針、クロノグラフ秒針とアワーマーカーにはいずれもスーパールミノバがコーティングされており、暗い環境でも時刻を読み取ることができる。スピードマスター コレクションの中で、タキメータースケールを暗闇でも見ることができるのは「スピードマスター マーク II 」が初の仕様となっている。

 

ねじ込み式ケースバックには、2016 年オリンピック リオデジャネイロ大会のロゴと共に、”S14″、”Column Wheel”の文字、当モデルの限定シリアル番号などが刻印されている。オリンピック開催年を記念したこのモデルは、世界限定 2016 本のみの生産となる。

 

ポリッシュ仕上げおよびサテン仕上げを施したステンレススティール製ブレスレットには、オメガが特許を取得したスクリュー&ピン システムおよび伸縮可能なラック&プッシャー クラスプが付属している。ブレスレットの長さは、クラスプ内の 6 つの刻み目が入ったエクステンションをスライドさせることで最大 9.6 mmまでの伸縮が可能である。

 

オメガ コーアクシャル・キャリバー3330 を搭載した「スピードマスター マーク II リオ 2016 リミテッドエディション」は、Si14 シリコン製ヒゲゼンマイと3段階のコーアクシャル・エスケープメントを採用し、より高精度の安定性と持続性を維持するムーブメントとなっている。これにより4年間保証がついている。