最高腕時計のショッピングNavigation

タグ・ホイヤー:カレラ キャリバー CH80 クロノグラフ【バーゼルワールド2014新作】

Written on 05/23/2016   By   in ショッピング情報

去る2013年12月に発表された完全自社製自動巻クロノグラフムーブメント、Cal.1969が、Cal.CH80として新型カレラに搭載され発表となりました。
Cal.CH80は白紙の状態からわずか2年間と言うスピードで量産体制の確立までもを実現したという、現在のタグホイヤーの充実ぶりを証明するものであり、その生産拠点として新規に工房が建築されたスイスのシュヴネ(Chevenez)とパワーリザーブ80時間にちなんでCH80と名付けられたそのムーブメントは

コラムホイール制御による垂直クラッチ式3カウンタークロノグラフ
28,800振動/時
80時間のロングパワーリザーブ
ブラックタングステン製ローター
デイト表示
-4~+6秒の高精度
部品点数233

このスペックで厚さ6.5ミリを実現したという、その内容も大変充実したものとなっています。

タグホイヤー カレラ キャリバー CH80 クロノグラフ

更に特記すべきはカウンターが3、6、9時位置の配置となっており、今回のニューモデルが伝説的なファースト・カレラのディテールを再現することを可能とした点ではないでしょうか。

モダンなバトン針とバーインデックス、セコンドカウンターを配したフランジ部、シンプルなベゼル、そしてファセット加工されたラグを持つポリッシュ仕上げのラウンドケース。

その全てが1963年にジャック・ホイヤー氏が示した先進的なモダニズムを体現したものであり、ホイヤーのフラッグシップたるカレラの伝統でもあるのです。

さらにはモノトーンを基調として赤の差し色を加えたカラーリングは、タイムレスなスポーツクロノグラフとしての性格を際立たせるものであり、正にカレラにふさわしいものと言うことが出来るでしょう。