最高腕時計のショッピングNavigation

時計史上初の磁性振動子搭載モデルも発売決定!

Written on 05/17/2016   By   in 時計相場

今年で誕生50周年を迎えた「カレラ」コレクションとともに、メインホール1階に大きなブースを構えたタグ・ホイヤー。プロダクションモデルとしては史上初となる、磁石を用い、磁性振動子によって調速する「タグ・ホイヤー カレラ マイクロペンデュラム」をはじめ、角型クロノグラフの傑作「モナコ」からも新作が続々と登場。バーゼルの会場を賑わせた。

Text by SHIBUYA Yasuhito
傑作「モナコ」の新作も見逃せない
技術担当副社長のギイ・セモン氏の指揮の下、時計業界の常識を破った機械式モデルを続々と発表。年を追うごとに、機械式時計技術の未来を拓く技術開発を加速し続けるタグ・ホイヤー。新生バーゼルフェアでは、メインホール1階のエントランス右側という“一等地”にブースを構え、スーパースポーツカー「マクラーレン MP4-12C」を展示し、子どもから大人までをクギ付けにした。

バーゼルで発表された新作は、1月にジュネーブで開催した特別展に続き、やはり時計業界を驚愕させるものばかりであった。もちろん、コレクションのハイライトは今年で誕生50周年を迎えた「カレラ」コレクションである。