最高腕時計のショッピングNavigation

ジャガー・ルクルト:グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1948【2014新作腕時計】

Written on 05/12/2016   By   in ショッピング情報

極めて多彩なコレクションを展開するジャガー・ルクルトにあって、同社を代表するアイコニック・ピースといえば、やはりレベルソ以外に考えられないでしょう。

その長い歴史は、極めて強い個性を持つレベルソに普遍性すら与えてしまった、これは歴史と伝統のある時計業界においても他に例のないことと思えてなりません。

そんなレベルソが80周年を迎えた2011年、グランド・レベルソ・ウルトラスリム・トリビュート・トゥ1931がリリースされました。

登場当初のレベルソの文字盤を復刻したそのモデルは、オリジナルと同じデザインの黒い文字盤、夜光インデックスと夜光針を持っており、あえてブランド・ロゴや秒針を廃したその顔は非常に印象的なものに違いありませんが、それ以上に注目を集めたのは薄型のムーブメントの採用によって、現代的な46.8ミリ×27.4ミリというサイズを持ちながらも厚さを7.3ミリに抑えたそのケースの絶妙なデザインバランスでした。

マニュファクチュール・ジャガー・ルクルトの技術は、このレベルソを単なる復刻モデルではなく、オリジナルの意匠を活かしながらも極めてモダンでエレガントなタイムピースとしたのです。

たちまちこのスリムケースのレベルソは大人気となり、レギュラーラインに仲間入りしたプロダクトを含む多くのバリエーションを生み続けていますが、今年は1948年に製作されたレベルソが題材に選ばれました。

ジャガー・ルクルト:グランド・レベルソ・ウルトラスリム 1948

表面を微妙に荒らした「ホワイト・パウダー」ダイアルにアプライドのアワーマーカーとレイルウエイ・トラック、そして針を明るいブルーとし、6時位置に正方形のスモールセコンドを配したデザインは、戦後の復興の時代を象徴するかのような明るい色調であり、黒文字盤の1931と好対照を成すデザインと言えますが、“FABRIQUE EN SUISSE”と添えられたブランドロゴも相まって、端正さをしっかりと保っている点は特筆に値するでしょう。

しかし6時位置にも同じスイス製であることを表示する“SWISS”の表記があり、これについては意見が分かれる部分かもしれません。

calibre-822

ともあれ、異端でありながら重要なアイコニックピースでもあるレベルソにまた一つ、魅力的な選択肢が加えられたことは、大変に喜ばしいことではないでしょうか。