最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年5月30日

期間中にご成約された方に、ジャガー・ルクルト オリジナルノベルティをプレゼント

ジャガー・ルクルトでは、銀座天賞堂にて5月3日(火・祝)~5月31日(火)の間、ジャガー・ルクルトフェアを開催致します。

 

2012年に女性のためにデザインから新たに開発したレディースコレクション、「ランデヴー」から、ダイヤルに黄道12星座を再現した華やかな「ランデヴー・セレスティアル」や、6時位置に太陽と月が交互に現れ昼夜を知らせる「ランデヴー・ナイト&デイ」など華やかなコレクションを一堂にそろえてお披露目いたします。

 

この機会にぜひご来店いただき、ランデヴーをお手に取ってご覧ください。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 
マニュファクチュール ジャガー・ルクルト

 

1833年の創業以来、ジャガー・ルクルトは美しいタイムピースおよび高級時計の愛好家を魅了してきました。マニュファクチュールの創業者、アントワーヌ・ルクルトの発明の精神を受け継ぐジャガー・ルクルトの職人は、それぞれのサヴォアフェール(ノウハウ)を結集して、レベルソ、マスター、ランデヴー、デュオメトル、ジオフィジック(Geophysic®)、アトモスといった精巧かつ驚きに満ちたコレクションを生み出しています。

 

ブランドの豊かな歴史的遺産は、絶えずグランド・メゾンの創作欲を刺激しています。

 

それぞれのジャガー・ルクルトウォッチのストーリーは、スイスのジュウ渓谷のアトリエで産声を上げ、この時計を身に着けるオーナーの皆様の手首で輝きを増すことでしょう。

05/30/2016     0 Comments

東京都:渋谷 ヨシダ≪YOSHIDA≫サイラス フェア

イノベーション、デザイン性、独創性、独自性という四つの哲学をあげ、最高級の時計を作り上げることを目的に、2010年にスイス・ジュネーブに設立された独立時計ブランド、CYROUS(サイラス)。
大胆で野心的なデザイン・遊び心を効かせた機構と突出した創造性を武器に、 時計業界で話題を集めています。

 

この新興ブランドのかじ取りをするのが、時計業界の実力者ルーベン・ミラ・ブランコ氏。
彼はウブロ会長であるジャン―クロード・ビバーに出会い、時計ビジネスのノウハウを学び、様々な時計ブランドで経験してきたテクニックを発揮しています。

 

サイラスの主要なコレクションは、月の満ち欠けを示す機構・ムーンフェイズを備え宇宙の神秘を詰め込んだ<KLEPCYS>、デザインにこだわった<KLEPCYS ALARM>、そしてサイラスのコレクションの中でももっとも標準的ではあるものの“普通”ではなく、配置バランスにとことんこだわった<KLEPCYS CHRONO>の3コレクション。

 

サイラスの時計は、全てbest independent developer/watchmaker (Grand Prix de l’Horlogerie de Genve, Nov.2011)を獲得したJean-Franois Mojon 率いるスイスのル・ロックルにあるCHRONDE社の工房で生み出され、スクエア型のケース、3時と9 時方向に取り付けた機能的なリューズ、デザインのシンプルさが時計のクオリティーの高さを際立たせています。

 

満を持して、ついに日本に上陸したサイラス。日本国内ではYOSHIDAのみの取扱いです。お探しのモデルやご興味のある新作モデルがございましたら【 価格・在庫など】 是非一度お問い合わせ下さい!

    0 Comments

東京都:渋谷 ヨシダ 《YOSHIDA》ブシュロン

1858年のメゾンの創業以来、大胆な感性を持つフレデリック・ブシュロンは、卓越と革新を追い求める人物として認められていました。最高に美しい宝石を求めて自ら世界を旅したフレデリック・ブシュロンは、高いジュエリー創作技術を駆使して、時代を先取りしたスタイルを生み出したのです。傑出した作品は、1867年と1878年をはじめ、万国博覧会で数々の賞を受賞しました。パリの建築とその美しさを愛するフレデリック・ブシュロンは、当時のパリの流行の最先端の場所であった、パレロワイヤルに最初の店舗を構えました。

 

その後、ヴァンドーム広場を明るく照らす光に魅了されたフレデリック・ブシュロンは、中でも特に日当たりがよく、宝石を美しく輝かせる26番地を選び、1893年に店舗を移転。ブシュロンは初めてヴァンドーム広場にブティックを構えた、最初のグランメゾンハイジュエラーとなりました。

 

今もなお、クリエイティビティはブシュロンの中核にあります。ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のメゾンジュエラーとしての歴史と、「キャトル」リングに代表される極めてコンテンポラリーなクリエイションという、一見相反する二者のパラドックスを超越しているのです。

 

    0 Comments