最高腕時計のショッピングNavigation

日別: 2016年5月25日

「 L u m i n o x 」の 誇 り、 エリート 部 隊 へ の 敬 意 を 、 い ま 再 び

「Luminox」の物語は、1993年に世界で最も優れたエリート部隊と称される米国海軍特殊部隊「Navy SEALs (ネイビーシールズ)」からのタイムピース開発要請に始まった。それは1994年、自己発光のマイクロカ プセルを搭載した独創的なコンセプトの時計を生み出し、彼らに卓越した視認性をもたらした。真のプ ロフェッショナルウォッチとなったのである。それから20年の月日を経た2014年2月。「ANU 4200 SERIES」のリリースにより、物語の第二章が始動した。

05/25/2016     0 Comments

ジラール・ペルゴのヴィンテージ1945 レディが入荷開始

ヴィンテージ1945レディは、自社製キャリバーGP02700 を搭載。すべて社内で設計されたこのキャリバーは、ジラール・ペルゴのなかでも最も小さい自動巻ムーブメント(直径19.40 mm)で、機械式時計を愛する女性のために特別に作られたものである。

 

 2本のダイヤモンドのラインによって美しく彩られたステンレススチールのコレクションは、 オリジナルのデザインを受け継ぎ、直線と曲線のハーモニーを演出。そのアールデコのインスピレーションは、シルエットの細部のあらゆる部分に表れており、コレクション特有の優 美なフォルムで女性らしさを存分に表現している。リューズはケースと一体となり、ケースのラインを一層際立たせており、美しい表現空間のなかで時を刻んでいる。

 

 文字盤は、ケースの曲線と見事な調和を見せながらも正確さを発揮する。中央に配されたシンプルで洗練された長方形のレールウェイパターンの上を、手作業で丁寧にカーブが付けられたドーフィン型針が、文字盤の曲線をゆったりと弧を描くように進む。

 

 6時位置に控えめに配された日付表示と相対して、12の数字が堂々と鎮座し、9時位置と3時位置には、全体のバランスを取るかのように2 つのダイヤモンドインデックスがあしらわれている。

    0 Comments

Pierre Arpels Bracelet Or ピエール アーペル ゴールドブレスレット

1949年にピエール・アーペルがデザインし自らの名を冠した腕時計は、エレガンスと思慮深さのアイコンとなっている。このたび、ヴァン クリーフ&アーペルは、この腕時計に新たな洗練を加えた。「ピエール アーペル」が、希少な工芸の技を駆使したプレス加工を施したミラネーゼ編みのブレスレットの姿で登場。

 

 「Pierre Arpels Bracelet Or ピエール アーペル ゴールドブレスレット」ウォッチは、洗練と抑制が均衡した、ピエール アーペルの個性の新たな一面を表現している。

 
 一目でそれとわかるセントラルアタッチメントを持つピエール アーペルウォッチは、これまでゴールドのケースにアリゲーターレザーのストラップを組み合わせていたが、新しい作品はブレスレットにゴールドを採用し、時計全体が深く調和したデザインを際立たせている。手作業で作られたブレスレットは、美しいゴールド製ケースのすっきりとしたラインに映え、最高の技巧が凝縮された一体感を生み出している。プレス加工したブレスレットの表面は、 ホワイトゴールドのブレスレットの上品でシンプルな輝き、あるいはピンクゴールドの温かく柔らかな輝きと共に、滑らかさと力強さを絶妙なバランスで合わせ持っている。ケース と同じカラーのゴールドを使ったローマ数字が、時計のホワイトラッカー仕上げの文字盤を鮮やかに照らし、文字盤のセンターのピケモチーフはブラックタイのシャツの前面、胸元の装飾を思わせます。リュウズに控えめに配されたラウンドカットのダイヤモンドが、この新しい作品に、融合されたエレガンスと抑制を強調している。

    0 Comments