最高腕時計のショッピングNavigation

月別: 2016年5月

“Big Poppa” 。ビッグでファットな腕時計。これがガチのデカ厚時計だ

1956年「エジツィアーノ」の開発
エジプト海軍のために「エジツィアーノ」と呼ばれるラジオミールを開発。この時計は、特別なサイズ(ケース直径60mm)と頑丈さを特徴とし、優れた防水性と、潜水経過時間を表示するための目盛付きベゼルを備えていた。 以前に試作品に採用され、イタリア海軍に提出した納品文書にも記されていたブリッジ型リュウズプロテクターに関する特許がこの年に出願され、この機構はルミノールおよびブランドのDNAの特徴のひとつとなる。

05/31/2016     0 Comments

【軍人コーデに最適】 流行りの「ミリタリーテイスト」溢れる腕時計

※MIL規格 (英: Military Standard) とは、一般的には、アメリカ軍が必要とする様々な物資の調達に使われる規格を総称した表現である。 具体的には、国防総省で制定するMIL仕様書 (Militaly Specification)、MILハンドブック(Militaly Handbook)、MIL標準(Militaly Standard)のほか、連邦規格(Federal Standard)も含まれることが多い。 その対象は、複雑な武器システムからコーヒーメーカーや被服などの需品まで、あらゆる物品に及んでいる。
— via MIL規格 – Wikipedia
所謂「MILスペック」をクリアした装備品になりうる時計でモダンなメーカー「LUMINOX」

LUMINOXは映画「ホワイトアウト」で織田裕二氏が着用していました。
最近では映画「図書館戦争」や「オーションズ11」でも使用されています。
オシャレな美容師さんも違和感なく取り入れております。
アンティーク(VINTAGE MILITARY WATCH)

via pds.exblog.jp
大人気な時計メーカー「ロレックス」の軍用時計。60年代でしょうか。
通常ブレスレットをつなぐバネ棒が溶接されています。
通称「ハメ殺し」と呼ばれ、外れにくくなっていますが恐ろしい名前ですね。
サブマリーナーRef5513をベースに、視認性向上の為に時分針が軍用のリーフハンドになっています。
また文字盤には「Tマーク」(軍用の証)と裏蓋には英国軍支給品の証「ブロードアロー」が刻印されています。
(Tマークはトリチウムのイニシャルで放射性物質だったため記載が必要だったのです)

    0 Comments

機械式時計の注意事項~水と磁気には要注意~

高級時計のトラブルで、最も深刻なトラブルに発展する可能性があるのが時計内部への水の侵入です。時計の外装部分には、ステンレスなどの錆びにくい素材が使用されていますが、内部の機械はサビに対して抵抗が少ない素材が使われています。
 内部に水が浸入すると、サビが機械を痛め、最悪の場合修理不能になってしまいます。
 時計に表記されている防水性能も使用状況により、本来の性能を発揮できない事があるので注意が必要です。

    0 Comments

期間中にご成約された方に、ジャガー・ルクルト オリジナルノベルティをプレゼント

ジャガー・ルクルトでは、銀座天賞堂にて5月3日(火・祝)~5月31日(火)の間、ジャガー・ルクルトフェアを開催致します。

 

2012年に女性のためにデザインから新たに開発したレディースコレクション、「ランデヴー」から、ダイヤルに黄道12星座を再現した華やかな「ランデヴー・セレスティアル」や、6時位置に太陽と月が交互に現れ昼夜を知らせる「ランデヴー・ナイト&デイ」など華やかなコレクションを一堂にそろえてお披露目いたします。

 

この機会にぜひご来店いただき、ランデヴーをお手に取ってご覧ください。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 
マニュファクチュール ジャガー・ルクルト

 

1833年の創業以来、ジャガー・ルクルトは美しいタイムピースおよび高級時計の愛好家を魅了してきました。マニュファクチュールの創業者、アントワーヌ・ルクルトの発明の精神を受け継ぐジャガー・ルクルトの職人は、それぞれのサヴォアフェール(ノウハウ)を結集して、レベルソ、マスター、ランデヴー、デュオメトル、ジオフィジック(Geophysic®)、アトモスといった精巧かつ驚きに満ちたコレクションを生み出しています。

 

ブランドの豊かな歴史的遺産は、絶えずグランド・メゾンの創作欲を刺激しています。

 

それぞれのジャガー・ルクルトウォッチのストーリーは、スイスのジュウ渓谷のアトリエで産声を上げ、この時計を身に着けるオーナーの皆様の手首で輝きを増すことでしょう。

05/30/2016     0 Comments

東京都:渋谷 ヨシダ≪YOSHIDA≫サイラス フェア

イノベーション、デザイン性、独創性、独自性という四つの哲学をあげ、最高級の時計を作り上げることを目的に、2010年にスイス・ジュネーブに設立された独立時計ブランド、CYROUS(サイラス)。
大胆で野心的なデザイン・遊び心を効かせた機構と突出した創造性を武器に、 時計業界で話題を集めています。

 

この新興ブランドのかじ取りをするのが、時計業界の実力者ルーベン・ミラ・ブランコ氏。
彼はウブロ会長であるジャン―クロード・ビバーに出会い、時計ビジネスのノウハウを学び、様々な時計ブランドで経験してきたテクニックを発揮しています。

 

サイラスの主要なコレクションは、月の満ち欠けを示す機構・ムーンフェイズを備え宇宙の神秘を詰め込んだ<KLEPCYS>、デザインにこだわった<KLEPCYS ALARM>、そしてサイラスのコレクションの中でももっとも標準的ではあるものの“普通”ではなく、配置バランスにとことんこだわった<KLEPCYS CHRONO>の3コレクション。

 

サイラスの時計は、全てbest independent developer/watchmaker (Grand Prix de l’Horlogerie de Genve, Nov.2011)を獲得したJean-Franois Mojon 率いるスイスのル・ロックルにあるCHRONDE社の工房で生み出され、スクエア型のケース、3時と9 時方向に取り付けた機能的なリューズ、デザインのシンプルさが時計のクオリティーの高さを際立たせています。

 

満を持して、ついに日本に上陸したサイラス。日本国内ではYOSHIDAのみの取扱いです。お探しのモデルやご興味のある新作モデルがございましたら【 価格・在庫など】 是非一度お問い合わせ下さい!

    0 Comments

東京都:渋谷 ヨシダ 《YOSHIDA》ブシュロン

1858年のメゾンの創業以来、大胆な感性を持つフレデリック・ブシュロンは、卓越と革新を追い求める人物として認められていました。最高に美しい宝石を求めて自ら世界を旅したフレデリック・ブシュロンは、高いジュエリー創作技術を駆使して、時代を先取りしたスタイルを生み出したのです。傑出した作品は、1867年と1878年をはじめ、万国博覧会で数々の賞を受賞しました。パリの建築とその美しさを愛するフレデリック・ブシュロンは、当時のパリの流行の最先端の場所であった、パレロワイヤルに最初の店舗を構えました。

 

その後、ヴァンドーム広場を明るく照らす光に魅了されたフレデリック・ブシュロンは、中でも特に日当たりがよく、宝石を美しく輝かせる26番地を選び、1893年に店舗を移転。ブシュロンは初めてヴァンドーム広場にブティックを構えた、最初のグランメゾンハイジュエラーとなりました。

 

今もなお、クリエイティビティはブシュロンの中核にあります。ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のメゾンジュエラーとしての歴史と、「キャトル」リングに代表される極めてコンテンポラリーなクリエイションという、一見相反する二者のパラドックスを超越しているのです。

 

    0 Comments