最高腕時計のショッピングNavigation

「ディアゴノ」にかんして言えば、コンセプトモデルに大きな関心を払わざるを得ませんでした

Written on 04/29/2016   By   in 時計相場

もちろん、これまでにない電子パスポート機能を、自動巻きモデルにもたせたコンセプトモデルに注目が集まるのは当然と思います。ただし、そのベースとなるレギュラーモデルも、非常に優秀な時計です。もともと「ディアゴノ」は、ハイスペックダイバーズである「ディアゴノ スクーバ」にくわえて、時計では珍しいアルミニウム合金を素材とする「ディアゴノ アルミニウム」という先進的なスポーツウォッチをラインナップしていました。コンセプトモデルのベースとなった「ディアゴノ マグネシウム」は、その進化バージョンなのです。

――「アルミニウム」から「マグネシウム」となったことで大きく進化したのでしょうか?

そうですね。この時計のケースと文字盤の着色されている部分は、マグネシウム合金を主な素材としています。マグネシウム合金は、スポーツカーのホイールの素材にも使われるように、軽さと強さを兼備する素材です。そのマグネシウムにF1のエンジンのコーティングに使われる、耐熱素材である強靭な特殊樹脂PEEK(ピーク)を組み合わせることで、これまでにないタフな時計の素材となり、信頼性を大きく向上させたのです。