最高腕時計のショッピングNavigation

新しい解釈とともに蘇るカデナ ウォッチ セルティ ゴールド ブレスレット

Written on 04/25/2016   By   in 時計相場

2本のスネークチェーンが手首に洗練された輝きを与える、大胆な意匠のブレスレットウォッチだ。「カデナ(Cadenas)」とはフランス語で“南京錠”の意味で、留め具であるクラスプの美しいフォルムは、心の強い結びつきを表現している。

「カデナ」が最初に誕生したのは1935年のこと。ヴァン クリーフ&アーペルのジップ ネックレスと同様、このカデナも英国ウィンザー公爵夫人にインスピレーションを得たと言われている。

カデナの特徴のひとつが傾斜した文字盤だ。当時、そっと時間を確認するのが女性のマナーとされていた。女性たちへの配慮がデザインとして生かされている。いっぽう文字盤を大きくし視認性を高めるなど、現代的な意匠も加えられている。