最高腕時計のショッピングNavigation

トンダ 1950 メテオライト希少なメテオライトを文字盤に採用

Written on 04/25/2016   By   in 時計相場

文字盤は時計の“顔”であり、異素材を使用して“表情”を豊かにすることができる。この時計に採用されているメテオライト(隕石)も時計の文字盤に使用される異素材だ。隕石は、大気圏突入時に高温が加わることで、地球上では見られないような幾何学的な模様を生じさせることがある。さらにそれらをスライスしてできる文字盤ひとつひとつの模様もそれぞれ異なる。当然、メテオライトを文字盤の素材にすれば、宇宙で唯一の文字盤を持つ腕時計となる。厚さわずか7.8mmのエレガントなモデルだが、宇宙によって創造された美が凝縮された腕時計といえる。