最高腕時計のショッピングNavigation

ルーツは1975年のクリスマス、顧客に配られた幻のデジタルウォッチ

Written on 04/12/2016   By   in 時計相場

実はこのブルガリ・ブルガリ ウォッチには、コレクションのルーツとなる、幻のふたつのモデルが存在する。そのひとつめは1975年のクリスマス、100人の特別な顧客へのギフトとして企画されたデジタルウォッチ。時はまさにデジタルウォッチの全盛期。デジタル独特の書体、モノクロ液晶による時刻表示が最先端の時代だった。

ロゴを文字盤ではなくケースに刻む。このアイデアを思いつくきっかけはこのデジタルウォッチにあったと、当時のCEOであったジャンニ・ブルガリは述懐している。当時のデジタルウォッチは現在と違い表示部が小さく、ブランドネームを今日のように文字盤に入れることができなかった。そこでケースへの刻印となったのだという。だがこの刻印が顧客たちの目には新鮮に写った。