最高腕時計のショッピングNavigation

未来からフリークビジョンウォッチの魔法を通して

Written on 03/16/2021   By   in 時計相場

2017年、UlysseNardinは10の革新的なテクノロジーを備えたInnoVision2ウォッチを発売しましたが、当時はコンセプトウォッチにすぎませんでした。 1年後、フリークビジョンウォッチは、スタイリッシュなInnoVision 2ウォッチの革新的なテクノロジーを搭載し、活発な議論を呼んでいます。

Freak Visionウォッチでは、Ulysse Nardinがシリコン素材技術を採用しています。これも当たり前の話です。UlysseNardinは、シリコン素材を使用した最初のブランドの1つです。 フリークビジョンウォッチは、特許を取得した別の発明を追加し、硬質ニッケル要素を使用して超軽量バランスホイールを作成し、シリコンマイクロシートを追加してバランスのスイングを安定させ、スイングの精度を効果的に向上させることで、さらに一歩進んでいます。 。

パテックフィリップがノーチラス5711Aの製造中止を計画しているのはなぜですか?

Written on   By   in 時計相場

ノーチラス5711Aは熱すぎます。ノーチラス5711はスーパーコピー時計パテックフィリップの「代名詞」になりつつあります。パテックフィリップへの人々の注目はノーチラスに集中しているため、他のパテックフィリップの時計は無視されています。 現在の状況によると、パテックフィリップの公式ノーチラス5711A順番待ちリストは10年後に順番待ちリストに載っており、流通市場のノーチラス市場も非常に高い価格に達しています(控えめに言って、青いディスクの実際の価格は上回っています) 40万、年によって異なります)。 パテックフィリップは、ノーチラス5711時計がパテックフィリップの支配的な地位を占めることを望んでいません。これは、パテックフィリップの発展を助長するものではありません。

テイスティングブヘラベラビシリーズダイバーズウォッチ

Written on 03/10/2021   By   in 時計相場

1888年に生まれ、132年の歴史があります。1世紀以上にわたり、ブヘラはモダンなデザインと機械的な職人技をプロの時計製造技術と継続的な創造性と組み合わせてきました。 Bucherer-Blavy Deep Diving Watchesは、伝統的なブランド時計コピー製造技術とモダンな美学を融合させ、ダイビングウォッチが好きな時計愛好家にパーソナライズされたファッショナブルな時計の選択肢を提供します。

アメリカ空軍とナビゲーターのために設計された大型クラウンウォッチ付き

Written on   By   in 時計相場

]オリスは20世紀初頭に誕生しました。アメリカ空軍とナビゲーター向けに設計された大型のリューズウォッチで、スイスの有名な時計ブランドになりました。 オリスは1965年にダイバーズウォッチに携わり始めました。当時、このダイバーズウォッチは一方向に回転するベゼル、蛍光灯、100メートルの耐水性を備えていました。これは当時のダイバーズウォッチの最高レベルでした。 今日、ダイビングウォッチシリーズはオリスの象徴的なシリーズになり、高い外観と高いコストパフォーマンスを備えており、多くの時計愛好家が時計を始める際の最初の選択肢となっています。 今年、オリシャはダイビングウォッチシリーズにもう一つの傑作を追加しました。一緒に楽しんでみましょう。

GS規格が行われるのはチリやホコリをシャットアウトしたクリーンルーム工房

Written on 03/04/2021   By   in ショッピング情報

ムーブメントや文字盤などをケースに組み付ける過程「ケーシング」の前に検査は実施され、20人にも及ぶ熟練の技術者によって繊細かつ厳密に行われます。

現在グランドセイコーのメカニカルシリーズは全てGS規格をクリアしたモノだけが市場に並ぶようになっており、初期不良が100%なし、という驚異的な品質を保っています。

品質にかけては他の追随を許さない日本企業・グランドセイコー。

その根底にはGS規格による厳しすぎる品質管理があることは間違いありません。

GS規格が誕生した背景にはクロノメーターの存在が強く影響しています

Written on   By   in 時計相場

グランドセイコーが誕生したのは1960年代ですが、この当時のグランドセイコーには文字盤にクロノメーター表記が印字されていました。

ただ、「クロノメーター」を名乗っていたものの、スイス公認試験を直接受けていない製品がクロノメーターを名乗ることにスイス側から批判があり、安易にクロノメーター表記を記載できなくなります。

そこでグランドセイコーは公認クロノメーター規格よりさらに厳しい検査基準を制定。その独自規格を「グランドセイコー規格」(GS規格)とし、以降のモデルはGS規格にもどづいた製造、調整を図るようになりました。